日々翻訳

出版&映像翻訳:川岸 史 ドイツ語と英語の翻訳をしています

ニンゲン御破算

f:id:meru2000:20180628084516j:plain

今回の更新も仕事情報ではなく観てきた文化情報です(くだらない雑文を書く場所がもうひとつ欲しくなってきました……)。

 

感想だけだったら別に載せることもないかなと思ったのですが、今回は『当日券の取り方について』

知りたい人が多いはずなのに調べてみると案外情報が出てこず……折角なので書いておきます。

 

シアターコクーンにおける当日券は『前日か当日に電話でとる形式』と『当日開演一時間前から当日券売り場で買う形式」があると思いますが、今回は後者。

 

で、いったい何時間前から並べばいいのか。

たしか『ふくすけ』のときは一時間前でも買えたけれどと思いつつ調べてみると、今回は人気すぎて発売開始の二時間前に行っても買えなかった、三時間前から並ぶべしとの情報が。

 

ここで困ったのが、今回は平日マチネの当日券にチャレンジしたかったため

開演12:30で、当日券の発売開始は11:30

三時間前から並ぶには8:30に行けばいいのだけれど

東急の開店時間は10:00

8:30から10:00まで一体どこに並べばいいのだろう? というのがいくら調べても出てきませんでした。

 

とはいえ行けば現地に人がいるだろうし、聞けば分かるだろうと早めに就寝。当日は電車の遅れ等もあり、結局発売開始二時間半前の9:00に東急に到着。

 

そうしたら先に来て待っている方がいたので、その方に話しかけてニンゲン御破算の当日券のために並んでいることを確認し、その方の後ろに並ぶことに。少ししたら後からほかの方が現れて、どんどん列が形成されていきました。

f:id:meru2000:20180628085158j:plain

①のところで9:00から9:45まで待っていました。ヴィロンに近い方の東急正面入口ではなく、文化村側の入口です。

東急開店の15分前、9:45に東急社員の方が来て軽く説明があり、②の位置に移動(9:45まで①の部分はシャッターが閉まっている)。

10:00に東急が開店。そのまま列を崩さぬようゆっくり移動してシアターコクーンの当日券売り場へ。

f:id:meru2000:20180628085739j:plain

当日券売り場から1メートル程離れたところに列の先頭の掲示があり、ここを起点に列を形成。そして発売開始の15分前に「今日の当日券販売可能枚数は●●枚です。一人につき二枚までご購入できますので、後ろの方に並んでいる方はご購入できない可能性もあります」とのアナウンス。

発売開始の11:30になると先頭から二人ずつ呼ばれて(窓口が二つあるので)購入していきます。

今回、二時間半前から並んだためか比較的前の方に並ぶことができ、すると窓口で「当日券はS席、A席、立見席から選んでご購入できますが」とのこと。

立ち見で見るつもりでしたが、折角なのでS席を購入。

当日券のS席は関係者用にとっておかれた席が流れたものが大半なので、最前列とかではないのですが、通路付近の良いお席であることが多いんですよね。実際この日買えたS席もかなりの良席で、演者が通路を走り回る演出が堪能できました。しばらくもやしだけの食生活になったとしても悔いなし。

 

当日券の取り方についてはこんな感じでした。誰かのお役に立てれば嬉しいです(でももちろん日によって人数や時間配分などに差があると思うので、あくまで参考に留めておいてくださいね)。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに舞台そのものの感想は……最高でした。

ものすごく面白くて、終始笑いっぱなし。

愉快痛快で、見ている間中エネルギーが体にみなぎっていく感覚さえあり

良い舞台を見ると気力が満たされて元気になれるということを改めて実感できました。

大学生のときからサモアリナンズと大人計画が大好きで、その頃からはほぼ皆勤賞で観ているのですが、近年の大人計画公演では岡田くんと田部ちゃんがすごく上手くて良い味を出していて大好きです。『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』では寺島しのぶさんに乳首を舐められていた岡田くんでしたが、今回は荒川さんに乳首をいじられており。でもこれが本多劇場だったらDキスさせられていた可能性も大なのでシアターコクーンのお上品さに感謝といった所。松尾さんとノゾエさんのキスシーンも軽めにちゅっという感じだったのでやっぱりお上品。阿部さんもいわずもがな最高だし、皆川さんも平岩さんも村杉さんも平田さんも小松さんも家納さんも全員最高でした(サモアリキャストが沢山出ているのも個人的に嬉しい)。こんな面白いお芝居をつくってくれて皆さん本当にありがとうと最敬礼したい気分で帰りました。