日々翻訳

出版&映像翻訳者・川岸 史の仕事情報を掲載するページ。ドイツ語と英語の翻訳をしています。

トライアルに合格する方法

以前、キネコ映画祭のパーティーで知り合った翻訳者さんと話をしているときに、「トライアル(翻訳会社に正式に翻訳者として登録してもらうためのテスト)に合格するコツって何ですかね?」と聞かれました。

 

その場では思いつかず、「えー、何だろう? 私も知りたい!」としか答えられなかったのですが、あれから自分なりに考えて、答えを見つけました。

 

「締切時間のぎりぎりまで見直す」

 

これに尽きるのではないかと思います。

 

人はうっかりミスをする生きものです。

 

どんなに頑張ってミスがない状態にしようと思っても、どうしたって勘違いなどが起きてしまう。

 

本来、翻訳者にとってミスや誤訳は厳禁であり、たとえば数字の換算や単位、桁を間違えてしまって、チェッカーにも見過ごされてそのまま通って商品化されてしまうと、場合によってはその後出入り禁止とか、その後一切仕事が来なくなるとかもあります。

 

だからそういったことがないように必死で目をこらして見直すわけですが、それでもゼロにするのは難しい。

 

ある大御所の翻訳家が「1ページに1カ所くらいの誤訳はあるものだよ」と仰っていたという逸話もありますし、ウルトラスペシャルな実力を持つ方々だって、誤訳がゼロなんてことはありません。

 

お仕事をするようになると、たいていチェッカーが精査するので、そこでミスや誤訳が発覚して修正するものですが、そこをすり抜けてしまうこともあります。チェッカーもやはり人間なので……(人工知能がやるようになればミスもなくなるのでしょうか、気になるところです)。

 

話を元に戻しますと、いかに日本語表現を滑らかにするか、ふさわしい表現を選ぶか、制限字数内におさめるかといったことについてはトライアルを受ける人ならば普段から勉強しているはずなので、本番ではそれを全力で発揮すればいい。自分を信じて、強気で挑むというのも大事かもしれません。ここまで頑張ってきたんだからきっとできると信じて!

 

だから勘違いやうっかりミスがないか、ふさわしい表現になっているか、時間ぎりぎりまでよく見直して、できるだけ完璧に近い訳文を送る、それに尽きるのではないかと思いました。

 

出版翻訳のトライアルやオーディションだと、縦書き印刷して確かめるというものお勧めです(これは以前何かの記事でも書きましたが)。

 

縦書きで印刷して、実際に書籍になったときにどう見えるか、自分が読者として書店や図書館でこの文章を見たらどう思うか、「この文章、何を言ってるかよく分からないな」とならないかどうかを想像してみる。

 

そのさい、客観的に見るために少し寝かせた方がいいので、なるべく早めに作業を進めておくと尚良いと思います。